UpToUログ

気になる情報配信中

*

MVNOにするだけ、たったそれだけで約10万円/年の節約ができる

      2015/03/05

MVNO節約

お金が生活する上で必要なもの。そんなことはごくごく当たり前なことで、一人で買い物が出来る位の子供でもわかっている常識です。欲しい物も色々あるし出来るだけ良い生活をしたい!だから収入を増やそうとする。これも当たり前なことだと思います。

でも収入を増やすのって結構大変ですよね。

収入増やすのが大変なら出費を減らすという手もありますが、それも結構大変です。電力容量下げてみたり、安いところで買い物したり。やらないよりはやったほうが断然良いですが、色々やっても効果は微々たるものだと思うんです。

でもね、あるんですよ。たった一つの事を変えるだけでなんの苦労も無く年間約10万円節約できる方法が。

ということで今回はこの節約方法について書いていきたいと思います。
photo credit: Два рубля via photopin (license)

年間約10万円(筆者の場合)節約が出来る方法その名はMVNO

MVNOとは

MVNO=Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体サービス事業者)って仮想移動体とか言われてもよくわかんないですよね。

一言で言ってしまうと格安SIM。

具体的な名前を出すとするなら、最近良く耳にする『イオン電話・楽天電話・Y!mobile』等です。

仕組みとしては携帯キャリア会社(ドコモ・au・ソフトバンク)の持っている通信基盤を借りてサービスを提供するというもので、例えるならどこぞの企業が自社発電した電気を東京電力のもってる送電線網を借りて売ってる。そんな感じですかね。

MVNOはわかったけど具体的になにすんの?

具体的にはスマホの契約キャリアを変えます。

今回の節約は簡単に言ってしまうと携帯キャリアの基本料金は高いので安いところと契約する事です。

無料通話とか家庭のネット回線と同時契約でとか色々な値引きやってますけど、トータル的に見て今の3大キャリアの料金は高いです。だから基本料金の安いところに変えてしまうんです。

MVNOを提供している事業者ってどんなところがあるの?

イオン電話、楽天電話、Y!mobile、IIJ、OCN、NTTcom、etc

2009年200万回線程度の契約数だったのが現状1600万回線こえてるんですから、色々な企業が参加するのも納得です。ちなみに僕が契約しているのはIIJmio!!色々考えた結果この選択だったのですが、IIJ快適すぎます。

携帯キャリア変えると通話とかネットの快適性が気になるんだけど・・・

通話もネットもキャリアの持っている通信基盤を使っているわけですから、変えた途端に全く繋がらなくなったとか通話が良く切れるようになったという事はあまりありません。

あまりと書きましたが、僕が今使ってるIIJは特に不具合ありません。ただMVNOの業者によっては通信が安定しにくいとかあるようです。

個人的にはIIJ推し!!↓

通話可能でLTE対応。キャリアの回線が混む時間帯は遅くなるっていう事前情報があったから少し不安だったけど、1日中快適そのもの。家に帰ってくればwifi環境だし。まったくストレス感じません。

ついでに言うと今使ってる携帯の番号も変わらないしね。

具体的にどのくらい節約できるの?

下の表は僕が嫁さんへの説明ように事前試算した表です。

僕の場合はスマホを新しく購入したので初期費は少しかかりましたが、今使っているスマホがドコモ端末の場合はそのまま新しくスマホを買うこと無くSIMカードの差し替えだけで利用できるので、初期費用に書かれているスマホ本体の金額がかかりません。

【試算条件】

①キャリア:au⇛IIJ

②auの月額利用料金:12,000円で試算(毎月の平均請求額)

iij⇛スマホ新規購入しauからIIJに乗りかえる・au新規購入無し⇛スマホ買わずにauをそのまま使い続ける・au新規更新⇛スマホを新しく購入しauをそのまま使い続ける

iij1

iij2

無題

 

画像小さかったらすみません。

試算上だと、2年で約20万円の差額が出ています。

MVNOってどうやってやるの?(IIJの場合)

簡単にフローで書くと、

①SIMフリーの携帯端末orドコモの携帯端末を入手

これは結構どこでも売ってます。iPhoneならアップルストアですでにSIMフリーの端末が新品で販売されてますし、アンドロイド端末でもDVDレンタルのゲオとかPCショップ、端末専門のネット業者なんていうのもあります。僕の場合はドスパラのネット通販でドコモ端末購入しました。

※アンドロイド端末の場合、メーカー販売はしていないので必ず赤ロム永久保証のところで購入するようにしましょう。

ドスパラは赤ロム永久保証ですよ~↓



②現在契約中のキャリアに行ってMNP(マイナンバーフォン)の転出手続きをします。

同じ電話番号を継続して使用するための作業です。

③MVNO業者と契約

携帯端末の入手と並行してMVNO業者と契約をします。申し込み方法はHPからが多いですが、Y!mobileやビッグSIMは一部店頭販売もしてます。

IIJであれば手続き方法が詳しく書かれているサイトありましたのでそちらを参照してください。

DocomoからMNPでBIC SIM(IIJmio)に転入する手順まとめ

僕の場合はauからIIJでしたが、手順は↑のサイトに書かれている通り全く一緒でした。

※MVNO契約のスマホが故障した場合、基本的にはiphoneならアップルストアで修理、アンドロイドならドコモやau等機種を販売している元々のキャリアへ持ち込みで修理は可能ですが、故障時に5,000円で同一機種新品と交換というようなキャリアが提供しているサービスというのは全く受けられませんので注意が必要です。

MVNO業者によってはオプション契約で、故障時に最高5万円のお見舞金支給といったものをやっているところもあります。

契約後だから言えるMVNOの不便な点

通信に関連する事については問題ありません。電話もネットも快適に使えています。

強いて不便な点を挙げるとするならば以下の2つくらいです。

①@docomo等のキャリアドメインメールが使用できなくなります。

契約していないから当たり前です。

②LINEは使えるけど年齢認証が出来ない

LINEの年齢認証はキャリアに登録された情報を元に行っています。なので3大キャリアではないMVNOでは年齢認証が普通にやったら突破出来ません。(突破するための裏技はあるようです)

 

収入上げるのに時間がかかるのなら出費を下げる!!

ネット申し込みとか面倒と思われるかもしれませんが、1回やってしまえばあとはそのままでずっと節約可能です。しかもやった場合とやらない場合の差額が大きい!!

プチ情報ですが、2014年度、国が携帯端末はキャリアごとの制限を設けずにSIMフリーで販売するようにという指針を出しています。今後もどんどんと普及がMVNO。どっちにしろ変えるのなら今から変えてしまって節約しちゃいましょう!!

 - 節約情報 , , ,

        

PC記事下ダブレク用

PC記事下ダブレク用