UpToUログ

気になる情報配信中

*

好きな人を振り向かせる!!心理学を応用した効果的な恋愛テクニック

      2015/06/16

2263619187_176614073e_m

みなさんは気になる相手を振り向かせる際に、何気なくするボディータッチとか、極端すぎないツンデレとか、何か心がけておこす行動ってありますか?

ボディータッチもツンデレも、心理学上効果的な手段ではあるんですが、中には『そんなこと恥ずかしくて上手にできないよ』という人もいると思います。

そこで今回は、だれでも簡単に実践できる、心理学を応用した、相手の印象をグッと引き上げるための恋愛テクニックをご紹介していきたいと思います。

ポイントはだれでも簡単に出来て効果抜群という点!!
photo credit: To My Love via photopin (license)

だれでも簡単にできる効果的な恋愛テクニックその①ミラーリング

長年付き合っている二人の行動が似てくる事を皆さんご存知でしょうか。『似たもの夫婦』なんて言葉でも表されるように、仲の良い2人は、無意識のうちに同じような行動を取ってしまいます。これは習慣が伝染る事等が原因です。

順序としては

①仲良くなる⇛②行動パターンや仕草等が伝染る 結果、二人は似てくる。となるのですが、では順番を逆にしたらどうなるのでしょうか。

①行動パターンや仕草を真似る⇛②仲良くなる

簡単なロジックですが、実はこれ、本当に当てはまるんです。

簡単に親密度をアップさせる方法、その名はミラーリング効果

ミラーリング自体は、心理学用語です。その効果から、恋愛に応用した事例を紹介されることも多く、親密度を上げる為の心理学としては、最も有名で、最も効果のあるものの一つだと言えます。

やり方はとっても簡単。上記したように『相手の仕草を真似る』だけ。

具体的には、相手が頬杖をついたら自分も頬杖をつく。相手が頷いたら自分も頷く。相手が足を組んだら自分も足を組む。と言った具合に、ミラー(鏡)のように相手の行動を模倣します。

相手と同じ行動を取ると言う事は、無意識化に置いて『尊敬』『好意』といったものを表現し、相手もそれを無意識化に置いて感じ取ります。

自分と同じ=味方

極端に言ってしまうと、こういった図式が人間には刷り込まれているのです。

ミラーリング効果を応用する際の注意点

相手の行動を真似るミラーリングですが、実際に相手と同じタイミングで同じ動作をずっとしていると、相手に違和感を感じ取られることがあります。

無意識のうちに仕草が似てくるのに対して、意識的に真似るので、違和感が出てしまうのも致し方ないといってしまえばそれまでですが、相手に不思議がられない為にも、極力気づかれないようにするのがよいでしょう。

では具体的に何をどう注意したら良いのか。

答えは簡単、タイミングを少しずらしてからミラーリングを行います。これは実際の観察実験でも出ている結果ですが、二人の関係性の中で、上位に立つ方が先に行動を起こし、もう一方がそれに付き従う形で動作をおこす傾向があることがわかっています。なので、相手がとった行動をすぐに真似るのではなく、一呼吸置いてから真似る事が大事なのです。

だれでも簡単にできる効果的な恋愛テクニックその②シンメトリー

シンメトリーやアシンメトリーと言った言葉、デザイン等を勉強する際に良く聞く言葉です。日本語にすると、シンメトリー(左右対称)、アシンメトリー(左右非対称)となります。ヴェルサイユ宮苑は美しく見せるために、シンメトリー構造がかなり使われています。人は左右対称のものを好むという傾向をうまく取り入れた結果、シンメトリー構造の多用がされているのです。

左右対称にしておけば、清潔感や安心感、さらには誠実さといった印象をあたえることが出来るのです。

シンメトリー効果を狙うそのやり方

人は左右対称のものを好む。これがシンメトリー効果なわけですが、これを実践するのは簡単。

一言で言ってしまうと、身なりをしっかりして、きれいな姿勢でいましょう。以上。

少し説明すると、よれてしまったような服装はしない。足組みや頬杖等、相手から見て左右対称になっていないようなたたずまいはしない。こういったことで相手の印象をグッと引き上げる事が出来るのです。

だれでも簡単にできる効果的な恋愛テクニックその③ザイアンス

ザイアンス、聞きなれない言葉だと思います。それもそのはず、これはシンメトリーやミラーリングとは違い、アメリカの心理学者の名前です。

ザイアンス効果、正直これが今回紹介する中で最も効果を実感できる方法だと思います。ただし、前述した2つと違い、単発では実践が出来ません。難点なのはそのくらいですが、方法自体はとっても簡単です。

肝心のやりかたは、『何回も会う』以上です。

アメリカの心理学者さん、結構ふつうの事言ってます。

『単純接触の回数が増えると、次第に印象が高まりよい感情が起こるようになってくる。』

例えば、流行りの曲を何回も色々なところで耳にしていたら、いつの間にかその曲を好きになっていた。これザイアンス効果なんです。

ザイアンス効果程有効な手段は無い!!

これは実在するある企業の話です。営業マンに対して、とにかく何回も同じ客を回れ!用はなくても顔だけ出せ!!何回も会っているうちに話をもらえるようになって数字はついてくる。こういった社員教育をしています。これは、タイミングロスをなくすという観点もありますが、何度も顔を合わせているうちに相手から好感を持たれ、相手に対して何も貢献していなくても、案件をもらうことが出来るという事を狙っているそうです。

恋愛においても同じことが言えます。何度も相手の目に触れ、何度も相手と言葉を交わすことで、相手の印象を上げることが出来ます。最も単純で基本的な事ですが、これ以上の効果が望める恋愛心理学は無いといっても過言では無いでしょう。

相手との接触を増やす=相手とよくコミュニケーションを取る

これって、人との関わりにおける基本ですから。

まとめ

・一緒にいる時は、相手の行動を真似るミラーリングが効果的

・シンメトリー効果を狙って、相手と会う時は身なりや態度をきっちりと、左右対称整えるように

・コミュニケーションの基本はザイアンス。最も効果的なのはなんといっても単純接触を増やすこと。

 - 男女のココロ ,

        

PC記事下ダブレク用

PC記事下ダブレク用