UpToUログ

気になる情報配信中

*

略奪愛、浮気、不倫イケナイ恋に走る前に知っておきたいあなたの心理

      2015/02/06

small_7767032468

人の気持ちはなかなかに思い通りには行かないもの。

これ他人に対してはもちろん、自分のキモチにも言えること。

自分のキモチがどうしてもおさえられない、ダメだとわかっているのに歯止めが効かない。そんなことってよくあるもんです。

こと恋愛に関してはこれがよく当てはまるんじゃないでしょうかね。

今回は「好きになってはいけない人を好きになってしまった時に考えてほしい事」についてです。
photo credit: zoomion via photopin cc

 

好きになってはいけない人を好きになってしまう

友達の恋人、浮気、不倫、学校の先生、etc。倫理上どうしても好きになってはいけない相手っていますよね。

この記事を読んでくれている人は、そんな、好きになってはいけない相手が気になっている状態なんだと思いますが、「相手を好きになる」と言うのは立場云々を抜きにして仕方が無いことだと思うんです。

だって、好きになってはいけない!!

って意識してる時点で、心の中にはその人がいるわけで、その気持自体は自分が好きになろうと努力して作ったキモチではないんだから。

異性・同姓かかわらずに『他人』の事が好きになれない。そういう悩みを持っている人から見たら羨ましいキモチではないのでしょうか。とは言うものの、そのキモチを全面に出して相手に向かっていけない。頭が、ココロが恋をしてしまっていて冷静になることが出来ない。

これも結構辛いもんです。では、こういった状況の時にはどうしたら良いのでしょうか。

先ずはその気持が本当に恋なのか落ち着いて考える

恋っていうのは『憧れ』が変身してそう思わせていることが多々有ります。学生時代に部活のキャプテンに憧れているうちに好きになってしまうとか、ライブハウスでマイク握ってる姿がカッコイイと思っているうちに惚れてしまっていたりとか。

先ずは相手の何に対して魅力を感じているのかを落ち着いて考えてみてください。

相手の職業だったり、地位だったり、もしかしたら経済力だったり、具体的に突き詰めていくと意外と

あれ?あの人の何が好きなんだろう。

なんてことも有るかもしれませんよ。

反対されると盛り上がる「ロミオとジュリエット症候群」に注意

これもいけない恋にありがちですが、周りから反対されるほどに盛り上がってしまうというパターン。

シェイクスピアの書いたロミオとジュリエット。昔レオナルド・デカプリオ主演で映画にもなったりと有名なお話ですが、絶対に結ばれない。絶対に祝福されない。誰からも賛成されない。と障害が多いほど恋は盛り上がってしまうものです。これは困難があればあるほどにその壁を相手と一緒に乗り越えていこう。この人とならなんだって乗り越えていけるという心理で、簡単に言ってしまうと手に入りにくいもの程魅力的に感じてしまうというものです。

あなたが好きになったその人は、手に入りにくいものだからという理由で魅力的に感じていたりしませんか?

SNSゲームで手に入りにくいレアキャラが欲しくてどんどん課金してしまう。持っていたとしても人生全体で見たら些細な事だし、冷静に考えたら同じ金額で美味しいものでも食べたほうが良いってことはわかるんだけど。

でもそのキャラがレアだから!!という理由で課金をしてしまう。ロミジュリ症候群て誰にでも当てはまる心理効果で且つかなり強力な物。だからこそ見分ける事が大事なんです。

失って初めて大切さに気づくものは往々にしてデカイ

友達の彼氏であれば友人、不倫であれば家族。学校の先生だとすれば学生生活。ロミオとジュリエットであれば家柄。

恋は盲目とはよく言ったもんですが、恋をしている時は大抵冷静ではありません。

憧れが恋愛に化けていても、ロミジュリ症候群に陥っていても、いけない恋を選択したことで失うものの大きさなんてものは冷静に考えられているようで、その実しっかりと考えられていない事のほうが多かったりします。

今まで長年付き合ってきた友人と縁を切る覚悟はあっても、その友人の話が周りに広まって多くの友人を失う可能性があるとまで考えてますか?

不倫相手を選ぶことで捨てられる旦那さんや奥さん、子供がその後どんな生活をしていくかなんて事考えてますか?

学校を退学になって編入した後の学校で、なんで前の学校辞めたのか聞かれる。就職にしても進学にしても一度学校を辞めたという履歴はくっきりとあなたの経歴に傷をつけるということまで考えてますか?

普段生活している中で当たり前のように有る物を捨ててまでその恋を求めるということについて、全面的に反対というわけではありませんが、当たり前にあるものを失うこと程、失った後の後悔具合は得てして大きいものだということを十分に考えて覚悟を決めておかないと必ず後悔します。

円満な人は絶対にやってはいけない自分の恋を冷静に見直す方法

一度相手の好きなところと嫌いな所を思い浮かぶ限り書いてみましょう。

文字にして自分の考えを書き出すというのは自分のキモチを整理する、最も効果的で確実な方法の一つです。

ではなぜこれが円満な人が絶対にやってはいけないのかというと、意外と相手の好きなところって文字にしようとすると出てこないものなんです。それに頭を捻り上げて出してきた相手の好きなところというのは意外と小さなことだったり大したことなかったりするので、円満な人がこれをやって

「あ、なんかたいしたこと無いかも」

と、冷静になってしまうことがありえるので、今に満足しているような人は絶対にやってはいけないというわけなんです。

 

まとめ 逃した魚は意外とデカくない!!

いけない恋をしている場合、ロミジュリ症候群ではありませんが、今手に入れないと後ではなかなか手に入りにくい。もしかしたら手に入ることは二度と無いかもしれないという思いから、相手の魅力が3割増しくらいになってることがあります。

でもよーく考えてみてください。あなたが釣ろうとしている魚。本当はあまり大きくないんじゃないですか?むしろもう釣ってあって、クーラーボックスの中に大事にしまってある魚の方が大きいんじゃないですか?水面下であなたの餌を食べようとしてる魚のことはまだ手にとってよく見てはいないですよね?それなのに持っている魚と比較して大きいからそっちを取ったほうが良いって思っていたりしませんか?

恋は盲目です。

自分の恋が本当の恋なのか。

今持っているものを投げ捨てた上で取りに行った後、倦怠期を迎えても本当に後悔しないのか。

もう一度落ち着いて、相手の好き位な所を書き出してみましょう。

ロミジュリ症候群は販売マーケティングにも応用される程誰にでも当てはまることが有る心理効果ですから、その判断があなたにとって大きなものであればあるほど慎重に考えてみて下さい。

 - 男女のココロ

        

PC記事下ダブレク用

PC記事下ダブレク用