UpToUログ

気になる情報配信中

*

彼氏(彼女)が冷たくなった人必見!!関係修復の鍵は『ニオイ』

      2015/02/11

3123004665_f946cee988_m

街を歩いていてすれ違った人。昔の知り合いだとおもって振り返ってしまう。

他にもシャンプーのSALAの臭いを嗅ぐと中学2年生の時に突然家に遊びに来たサオリちゃんのこと思い出したり

朝の少し湿った空気の臭いを嗅ぐと幼稚園のお泊り保育で隣の布団に寝ていたメグミちゃんのこと思い出したり

女の子の記憶ばっかりだな・・・

そんな経験有りませんか?

まぁ、特定の女の子の思い出は僕の記憶なのでなんとも言えませんが、とにかくです。臭いで特定の人のことを思い出したり、特定の出来事を思い出したり、そういった経験てだれでも一度はあると思います。今回はこの臭いと記憶の関係から、以前書いた記事「中級者向相手の気持が冷めてしまった時の改善方法」に引き続き、マンネリや倦怠期といったものを改善する方法を書いていきたいと思います。

ニオイは記憶や感情を強く呼び起こす

冒頭書いたように、ある匂いを嗅ぐと特定の出来事や人物を思い出す。これって脳の作りがそういうふうにできているからこそ起こることなんです。

少し専門的な話になりますが、五感のうち、嗅覚以外の①視覚②聴覚③触覚④味覚は視床下部を通って各感覚領域に情報を送った後大脳辺縁系」(だいのうへんえんけい)に到達するのに対して、嗅覚は「大脳辺緑系の第一次嗅覚野に直接つながっています。この部位は記憶を司る海馬とつながる「内嗅皮質」(ないきゅうひしつ)と隣り合った位置にある為に、嗅覚を刺激すると記憶や感情を強く呼び起こすとされています。

嗅覚がつながっている大脳辺縁系は情動脳とも言われ、脳のなかでも原始的な感情を司る部分です。このため、より本能的な情動と結びつきやすいし、情緒的な思い出ほどニオイと関係が密接であると言えるんです。

要は思い出深いニオイを嗅ぐことで、感情を司る脳を直接刺激しさらには記憶をしまっている海馬をも刺激することで、より鮮明に記憶と感情を思い出すということ。

 

そういった意味で、情緒的な思い出ほどニオイと密接な関係がある

脳のなかでニオイを伝達する入り口となるのは大脳辺縁系の“第一次嗅覚野”という部位。これは記憶を司る海馬につながる“内嗅皮質”という部位と隣り合った場所にあるため、嗅覚への刺激は記憶や感情を強く呼び起こす作用があると考えられています

ニオイで記憶を誘発する現象「ブルースト現象」

ある特定のニオイを嗅ぐことでそれにまつわる記憶を呼び起こす現象を、フランスの文豪マルセル・ブルーストの名前にちなんで「ブルースト現象(効果)」と呼びます。

これはブルーストの代表作「失われた時を求めて」の中で主人公が、マドレーヌを紅茶に浸したニオイをきっかけに幼少時代を思い出した。という文中の描写を元に名付けられました。

文豪の書いた小説から名前を着けるなんてなかなか粋なことしますよね。

このブルースト効果についてはアンケート結果も出ているんです。以下引用

化粧品やバス用品を販売するラッシュジャパンが2009年に行った調査では、20〜30代の男女のうち49%が、「香り」で元カレ、元カノを思い出す、という結果が出ている。

ブルースト効果を利用して過去の記憶を半強制的にアップする為に

ニオイで過去の記憶をより効率的に思い出すのであれば、それを応用して過去の記憶を呼び戻せないか。

前回記事では記憶の仕組みを利用して思い出深い記憶と感情を呼び起こし、その時と同じ用に新鮮な気持ちを再度思い出してもらおうという方法を書きましたが、「脳」の仕組みから考えるとブルースト効果を利用した方が当時の感情を呼び起こすには断然効果的です。ただしブルースト効果の場合、特定のニオイと思い出が結びついていないと効果が無いため、

思い立ったが吉日!!さぁ明日はブルースト効果を利用して彼(彼女)に昔の楽しかった記憶を思い出してもらうんだ!!!

なんてことはなかなか出来ません。ニオイと記憶を結びつけておいてあげるという事前準備が必要なんですね。

こればっかりは「初デートの場所を巡る」というような、みんなが共通して持っている方法がないので、以下に方法をいくつか列挙します。あなたが使えそうな方法を選んで実施してみてください。

過去の記憶を半強制的にアップする方法

・昔つけていた香水を久しぶりにつける

・シャンプーを付き合いだした頃使っていたものに変更する

・家に置いてある芳香剤を付き合いだした頃使っていたものに変更する

・よく飾っていた花を飾る

・柔軟剤を付き合いだした頃使っていたものに変更する

・よく使っていたお香を久しぶりに焚いてみる

・たばこの銘柄を戻す

相手が自分との記憶を思い出してくれるかはわかりませんが、プールのニオイや木のニオイ、雨上がりの埃っぽいニオイなんかもブルースト効果を説明する時によく使われるニオイの代表です。

うまく使えるかはわかりませんが、こういったニオイのしている場所を訪れるという方法も効果的ではあります。

 

倦怠期やマンネリ。これらは付き合いだしたばかりの頃の新鮮な気持ちが薄れて、居てくれることが「当たり前」になってしうことで起きる事。だったら思い出のニオイを嗅ぐ、たったこれだけでいつまでも二人新鮮な気持ちでいられるのであれば試さない手はないですよ。

僕の場合は、最近嫁さんが素っ気ないからと久しぶりに香水つけたら、「色気づいてそんな懐かしい香水つけて好きな人でもできたか?」と言われましたが・・・orz。

うちは思ったような反応の変化は見られませんでしたが、ブルースト効果自体は本能的に記憶と感情を思い出させる方法です。

 - 男女のココロ

        

PC記事下ダブレク用

PC記事下ダブレク用