UpToUログ

気になる情報配信中

*

子育てのイライラを解消する6秒の魔法

      2015/01/31

small_11988519425

やってと言ってもやってくれない、やめてと言ってもやめてくれない、ダメと言ってもやってしまう。

子育てしているとどうしてもイライラしてしまう時ってありますよね。

かわいいはずの自分の子供、だけどものすごくイライラして怒りすぎちゃう。どうしたらいいんだろう。今回の記事はそんな人に向けた魔法の話です。

photo credit: floodllama via photopin cc

子育てのイライラ、原因は○○してくれない

やってと言ってもやってくれない、待ってと言っても待ってくれない。怒る時って大体○○してくれない時なんですよね。でもその○○してくれない、少しだけ考えてみてください。

これ僕の例なんですが、長女がまだ2歳だった頃遊び終わったお絵かき道具(クレヨン・色鉛筆・ぬりえ)を片付けないでそのままにしていたことがあったんですが、「片付けて」と言ってもやってくれない。すると言ってる方としては「なんで言ってるのにやらないの!?」ってなるわけです。結果2回位「片付けて」といったあとに娘を怒鳴っちゃったんですね。

でもここでよく考えて欲しいのが、2歳の子供にお絵かき道具全部片付けろって少しハードル高くないですか??いや、うちの子はできる!!って家もあるでしょう。でもこの場合、やってくれないっていうのは出来なくてやらないのかもしれないって思う余裕があっても良かったのかなって思うんです。結局子供に対して、自分の持っている理想が高くてそれに子供を当てはめようとした結果、子供の事をよく見ないで怒っちゃったんですね。

イライラの原因は○○してくれない、でもその○○してくれない基準を決めているのは自分であって、もしかするとそれが高過ぎるハードルなのかもしれない、と、まずは自分の中で少しだけ考えてみましょう。

怒る事は怒る、怒らない事は怒らないが子育てには重要

何をそんな当たり前なことをと思うかもしれませんが、でも自分の気持ちが抑えられなくてヒートアップしちゃうことってありませんか?

嫌なことがあった時とか、忙しくしてる時とか、親だって人間です。機嫌の悪い時だって余裕のない時だってあります。そういう時にはどうしてもいつも以上に怒ってしまいがちです。そして後で「あぁ、怒りすぎちゃったな」って反省するんですよね。そして反省した後は妙に優しくなって多少の事は大目に見たりして。でもそうやって我慢しているとそのうちまた我慢しきれなくなって爆発してしまう。

僕もよくありましたからこのループにハマっちゃう気持ちよくわかります。

でもこれって子供からしたら、何を基準にパパ(ママ)は怒っているんだろうってなるんですよね。

機嫌のいい時はやってもいいけど、機嫌の悪そうな時はやっちゃダメ、こんなふうに子供が捉えて大きくなることは親ならだれでも避けたいはずですよね?なら、怒る事と怒らない事を明確にすることが必要です。

怒りすぎたから抑える、抑えきれなくなってイライラという負のループを断つ

イライラしてたりして子供を怒りすぎてしまうと、それを反省し、その後大目に見る期間が出来るが、いつまでも自分の感情を抑えていられなくなってまた爆発してしまう。この負のループを繰り返していると、子供からしたら怒られる事と怒られない事の区別がなくなってしまう。じゃあ、明確にするためにはこの負のループを断ち切ればOKなわけです。

なんだ簡単じゃん。

断ち切るためには・・・!!!怒りすぎなければいい、自分の感情をコントロールして本当にしてはいけないことだったり、その時しなくてはいけないことをしなかった時だけ怒るようにすればいいんです。

感情を抑える6秒の魔法を子育てにも応用

VINE動画ってご存知ですか?ユーザーは6秒間の動画を撮影・編集してサイト上にUPするっていうサービスの名前なんですが、この6秒っていうのがポイントなんです。6秒間ていうのは、感情が生まれて消えるまでの時間。要は切り替わるのに必要な時間なんです。

以下心の知能指数と言われるEQを説明しているEQグローバルアライアンスより引用

怒りの感情をコントロールできない状態というのは、EQ4ブランチ(感情の識別・利用・理解・調整)が機能せず、停止した状態になっているのです。そこで、6秒の沈黙をすると、再びEQ4ブランチが働き始めます。シックスセカンズ、それは「こころを静める」トレーニングともいえます。

心のなかで6秒間数えるのが難しいという人は、6個花の名前を思い浮かべてみたりしてもいいでしょう。これをうまく利用して感情を抑えることで、自分の感情を抑えて冷静に子供に対して怒る事を明確にしてあげることが出来ますよ。

small_4016849128
photo credit: quinn.anya via photopin cc

子育てのイライラはみんなつきもの、心配しないで

この記事を見てくださっている方は多少なりとも子育てに対する悩みがあって、子育てのイライラをどうにかしたいとか、こんなにイライラして大丈夫なんだろうかって思っている方だと思いますが、子育てに多少のイライラはつきものです。これを軽くするには一番初めに書いたように、子供に対する要求が高すぎないかを見なおして、ヒートアップしすぎたからという理由で怒らないように我慢して、結果余計イライラするという負のループを断ち切る。これで少しは良くなると思いますが、0にはなりません。親だって人間ですし、怒らないといけない場面もいっぱい有ります。

もしこの記事を見てくださっている方の中に、怒ってしまう自分を責めてしまう人がいるようなら、同じように悩んでいた僕からヒトコト。

子育てのイライラはみんなつきもの、怒ってしまうからという理由で悩まないでください。完璧じゃなくてもいいんです。怒っちゃってもいいんです。子供が成長するのと同じスピードで親になれればいいんです。だからあまり心配しないでくださいね。

子育てにイライラしてしまうことに悩んでいた僕なんかでも、色々と調べて、考えて、教えてもらって、今では偉そうにこうやって人に向けて書いているんですから。きっとあなたも大丈夫ですよ。

 

 

子育ての悩みに関する関連記事はこちら

キャラ弁の話等子育て全般に関する関連記事はこちら

 - 子育て

        

PC記事下ダブレク用

PC記事下ダブレク用